fbpx

香川・丸亀の工務店『パッシオパッシブ 』

カーテンのお手入れ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

カーテンのお手入れ 洗い方・干し方は?

異例の暑さが残った10月でしたが、ようやく安定した秋の雰囲気になりましたね。

さて先月は衣替えのお話でしたが、今月はカーテンのお手入れについてです。

 

皆さん、カーテンはどのようにお手入れされていますか?

シーズンごとに洗っている人、どのくらいいらっしゃるでしょうか??

もちろん、ブラインドなどのように拭き掃除で埃を取るものもありますが、

カーテン生地のほとんどはお洗濯ができます。

(生地にもよりますのでご確認下さいね!)

 

ドレープカーテンやレースのカーテンはレールからはずして、

フックもはずして洗濯ネットに入れてから洗います。

洗い上がったら、レースのカーテンはレールに吊って乾かせます。

ドレープカーテンは水分を含んだ生地の重さがあるので

ある程度乾かしてからレールに戻します。

 

どんなカーテンにする? 機能やお手入れから種類を考える

さて、この時に気をつけたいのが”カーテンの生地の種類”です。

夏場に遮熱機能を備えたレースカーテンを使っていたお宅では、

是非冬に向けて普通生地のレースに取り替えて下さい。

冬場は窓から日射を取得することで室内の温度を暖かくできますね!

ほどんどの方がこれをしていないように思います。

冬場の暖房器具の稼働率を下げるためにも、是非、

レースカーテンの生地は遮熱生地ではなくて普通の生地に取り替えをおすすめします。

 

ロールスクリーンもウォッシャブルの生地で製作されているものは洗えます。

大きい面積のものの場合、洗濯機で洗った時にシワになりやすいので

クリーニングに出した方が良いかもしれません。

小さいものは洗濯機で洗った後アイロンがけでシワも綺麗にとれます。

 

どこの窓にどんなカーテンを…という時に、

ご自分の好みにあったお手入れの方法からアプローチして

種類を決めていくのもひとつの方法ですね!

素敵な窓ぎわを演出してくださいね♪

 

インテリアコーディネーター m i s a

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© PASSIO PASSIVE , 2021 All Rights Reserved.