fbpx

高松・丸亀の工務店『パッシオパッシブ』木製サッシ"佐藤の窓"『Rainbow Ocean View』

3/1 UP【全窓佐藤の窓・Zehnder採用】まもなく完成! 高性能な省エネ住宅 パッシブハウス見られます

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

香川県丸亀市にて

Ua値0.24(断熱性能等級7・HEAT20 G3レベル)

C値0.1、耐震等級3

全熱交換換気システムZehnder採用

全窓スマートウィン「佐藤の窓」

パッシブハウスを建設中です。

ご見学を希望の方はこちら>>

現在の様子

現場では

内装工事が行われています。

 

4月中旬完成予定です。

完成見学会の開催をお楽しみに…

 

「パッシブハウスができるまで」を見ることができます

こちらの現場は

「パッシブハウスができるまで」として

毎日構造現場をご見学いただけます。※事前にご予約が必要です

ご見学を希望の方はこちら>>

【4月中旬完成】「パッシブハウスが出来るまで」全部見せます!現場見学会

 


 

2023年9月:着工、基礎工事

 

2023年10月:基礎付加断熱施工・上棟

パッシブハウスの基礎断熱施工

パッシブハウスの基礎断熱施工の様子

パッシブハウスの基礎施工

 

 

2023年11月:木工事・屋根工事・外部防水

 

2023年12月:木工事・断熱施工

 

2024年1月:気密測定

気密測定を行い、

隙間相当面積=C値:0.1㎠/㎡を記録しました。

(減圧法:0.08㎠/㎡ 加圧法:0.09㎠/㎡)

C値は

建物全体にある隙間面積(cm2)÷ 建物の延べ床面積(m2) 

で求められます。

 

家全体の隙間の大きさを表すので

数値が小さいほど

「空気の漏れが少なく気密性能が高い」

ということ。

 

今回の気密測定の結果、C値0.1㎠/㎡で

「家全体1㎡あたりで0.1㎠しか隙間がない」

ということが確認できました。

 

外へ空気が抜ける

通気口などを塞いで・・・

 

気密測定の専用の機械を使って、

気密測定技能者という

専門の方に

測定をしていただきました。

 

C値は

一般的なお家だと3.0~5.0㎠/㎡、

高性能住宅で6.0~1.0㎠/㎡

ほどになります。

 

パッシオパッシブでは全棟で

気密測定を行っています。

こちらのお家に限らず、

ほとんどのお家で結果が

「C値 0.1」となります。

 

2024年2月:外張り断熱(付加断熱)施工

付加断熱施工を行いました。

日本の断熱性能基準は

付加断熱なしでも

クリアできてしまうレベルです。

実際日本で

付加断熱を行っている家は

ほとんどありません。

多くの家が

家の中の充填断熱のみです。

お家の中側の充填断熱を

全く隙間がないように施工するのは

人の手で行う以上

なかなか難しいです。

 

また、柱の部分は木なので

断熱材よりも熱が伝わりやすく

ヒートブリッジという

熱が逃げやすい部分となります。

冬場、

外気温と室内の

温度に差があると

屋内の暖かい空気が

窓で冷やされて

結露します。

 

これと同じことが

ヒートブリッジのある、

熱逃げする家の

「壁の中」で

起こっているのです。

お家の壁の外側から

アウターを着せるように

付加断熱をすることで

熱逃げを防ぐことができます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© PASSIO PASSIVE , 2024 All Rights Reserved.